<< 戦いの神 | main | 幸運の星 >>
resource
なあ、ニーソのことをニーハイって略すのって正直どうだ?」
目の前の男は唐突にわけのわからないことを話始めた。
いや、正確にはわけのわからないではなく、
会話の1番最初に持ってくることに疑問を感じる話題、だ。
「いや、どうもこうも、特に俺には何も意見など無いぞ。」
目の前の、体系は中肉やや痩せ型・年齢は幼く見られがちな、
男は大袈裟に溜息を付いて、
「元々アレはオーバーニソックス略してニーソと呼ばれていた代物だ。それが女子高生を中心に流行り始め、今や女性のファッションの定番となりつつあることはニーソ好きの俺としては嬉しいことだ。ミニスカとの組み合わせ以外にホットパンツとの組み合わせなんて誰が思い付ついたんだ。誰か今年のノーベル俺賞を授与してくれ。マジたまらねぇよなあのニーソとホットパンツの隙間。絶対領域なんて名前はどうでも良い。そんなもの便宜的なものに過ぎない。確かに言語での意思疎通の際には非常に有用だと思うがね?話を戻そう。流行ったことは嬉しい。それはもう部屋の中で裸でブレイクダンスを踊るくらい。踊らないが。ところが、だ。何故ニーハイという名前なのだ?我々が好むニーソと彼女らが履くニーハイを分けようとする意図が感じられるのだが。そんなにオタクが嫌か?オタクが好きなものと一緒じゃ嫌か?っていうかオタクが嫌か?そうさ俺はオタクさ。オタクで悪いかコンチクショウ。だいたいだね昨今の…」
ソースの無い根拠と適当な推察とに基づいた考えを
脳から駄々漏れさせている男の妄言を意識的ににシャットアウト。
っていうかお前、名前は便宜的なものに過ぎない
って蒼い子みたいなこと言ってるじゃん。
未だベラベラと取るに足らない世迷いごとを吐き続ける馬鹿を遮り、
「というか…俺は誰だ?」
「そもそもツンデレというものはだ「うるさい黙れ。」」
「…む、何だ。人が気持ち良く演説していると言うのに。」
男は苦虫を噛み潰したような顔をして言う。
「お前が気持ち良くても、俺にはただただ耳障りなだけだ。
少しは人の話を聞け。俺は一体誰だ。」
「いきなりそんな哲学的な問いか。自分と言う存在については非常に難しい問題で…」
「いいから簡単に済ませろ。」
「む…そんなに怒るな。長生きできんぞ。」
誰のせいだ誰の。
「お前はいうなれば俺だ。
俺の中の人こと空ガが日記を書けなくて困っているところに編み出した苦肉の策だ。
最初は自己対話式は痛いから嫌だと思っていたらしいが、
やり始めてみると筆が進む進む。つーかすでにやってるしな
とまあそんなわけでお前はその為に生み出された一時的なキャラだ。」
「そうか、分かった。」
「意外にあっさりしているのだな。
もっと怒ったりしないのか?俺はそんな簡単な存在じゃない!とか。」
「いや、己の存在理由に対し文句を言うつもりなど毛頭ない。
ただ純粋に俺は誰か聞きたかっただけだ。」
人間の中では自らが生きている理由が分からなくて苦悩し続ける者もいるのだ、
分かっている俺は幸せじゃないか。
――仮に一瞬の命だとしても。
「で、具体的には何をすれば良い。」
「何もしなくて良い。ただ俺と雑談をしながら漫然と時を過ごそうじゃないか。」
男はにやり、と口の両端を吊り上げた。
「ああそれは良いが、便宜的に名前があったほうが何かと便利じゃないか?」
「それもそうだな…では俺は空ガ、お前は黒ガ。」
「黒ガか…まあ何でも良いが、何故この名前にしたか理由を聞いて良いか?」
「んーひらめきだ。」
本人的には理論的に生きてるが、
その実、感覚的に生きてるこの男に聞いたのは無駄だった。
「何でも良いか…大学生活はどうだ?」
特に話題もないので、1番当たり障りのない話題を振ってみた。
「黒ガ、その問いの答える前に1つ残念な報せがある。」
「…何だ?」
「中の人が予想外に前置きに行数を使ったらしくてな、今回はここまでだ。」
「ということは…続くのか?」
「ああ、延命出来てよかったな。」
「それは良いが、お前、と言うか所謂本当の空ガは恥ずかしく無いのか?」
「上にも書いた通り、書き始めたら存外楽しいらしくてな。
本人はノリノリだ。というわけで次回に続く。」
「次回まで、読んだ人々が引かないよう祈っておくとするよ。」


○コメント返信

>>ポンさん
 以前お話したあれです。
 我が家に来る機会がありましたら、実物をお目にかけたいと思います。

| comments(1) | trackbacks(1) | by 空ガ
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
ま、まぁ好きなことだったらずらずら書けるよな( ̄・・ ̄)

ですよね?黒ガさん。
あれ、・・・空ガさん?(笑)
| ポン | 2007/05/22 7:57 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://avalon.jugem.jp/trackback/186
トラックバック
http://www1.charabomb.info/834B8360838383738393/
ガチャピンガチャピン(生年不詳4月2日 - )はフジテレビ系の子供番組『ひらけ!ポンキッキ』より出演したキャラクターで、南国生まれの恐竜の男の子。体は緑色である。年齢は永遠の5歳。身長は165cm、体重は80kg。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quot
| キャラボン! | 2007/10/07 4:29 PM |