<< 独り言 | main | Animelo Summer Live 2010 -evolution- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
七夕

本日は七夕ですね。
織姫と彦星、自らが招いたこととは言え、
愛する人に一年に一回しか会えないだなんて、なんて辛い苦しい話なんでしょう…!
僕だったら、きっと胸が張り裂けそうな悲しみと苦しさで死んでしまうかもしれない…!

…えっ?
どうしてお前そんなに余裕なんだって?
やだな、僕だってずっと七夕に雨降って水かさ増しちまえふははははは!!!
とか言ってるわけじゃないんですよ、はは。

いつまでも他人の幸せに嫉妬を抱いてるだけじゃ、
僕自身の幸せは来ないんじゃないかって気づいたんです。
まあ、僕にもそんな人が出来たっていうか、ね。
今までいわれなき恨み言を吐いていてごめんなさい。
僕も幸せになります!




(DSを縦持ちしながら)


こんばんは、空ガです。
すれちがい通信超楽しい。

ファッキン七夕!
全世界のカップルが滅びますように!
まあ、俺にはあずにゃんがいるけど!竹達ー!俺だー!結婚してくれー!

と、変なキャラを演じたストレスで円形脱毛症になりかけながら始まりました今回の日記。
毎月毎年のことながら申しておりますが、もう7月か…!
2010年も私の大学生活も残り半年(期)でございます。
当初の予定ならもっとマシな人間になってるはずでした。学力的な意味で。

マジでニートルートが見えてきた。

フラグの立ちかたがそこらのエロゲの主人公の比ではありません。
人生2回目の無職はいやだなあ…。
無職をムショクって言うと、何だか透明感に溢れていて素敵。
いっそクリアって言おうぜ。

「ご職業は?」

「クリアをしています」

「抱いて!」

的な?
クリアできなかったから無職なんだけどさ。



――短冊には願いが込められている。
それは千差万別、その人を映す鏡のよう。


さてさて、本日は七夕ということですが、東京は雨が降ってしまいました。
世間的には残念であろう天気ですが、ヒリアメモリ所持者としてはメシウマでございます。

しかしながら、白状いたしますと、わたくしも晴れを願っていました。
なぜなら、晴れた方が日記的にオイシイのではないかと…。
どうせダメなら惨めな方が良い。
きっと誰かが笑ってくれる。


七夕と言えば、笹飾り。
小学生の時分には、学校で飾りを折り紙でこしらえて笹を飾りつけたものです。
浪人時に通っていた予備校はやたらとイベントごとに敏感で、
笹飾りやクリスマスツリーを置いて荒んだ心を癒してくれたものです。
笹飾りはともかくとして、クリスマスツリーにまで願い事つるすのはいかがなもんかと思いますがね。

受験生のとにかくなんにでもすがりつきたい心情を巧みに利用したイベントですが、
日ごと日ごとに笹に結ばれる短冊の数が増えていき、
あまりよくないなと思いつつもついつい見てしまったのです。

今でもふと思うのですが、
やはり受験生というやつは人生の岐路に立っているせいか、
想像もつかないような動きをするものなのだなあ。

その日も水泳部浪人三人組で短冊を見ていました。
大半は第一志望合格を願ったもので、もちろんわたくしも同様にお願いしました。

「〇〇大学合格!」

まあ、ダメだったんですけど(遠い目)。

他の人はどんなことお願いしてるのかなーと見ていたらいくつかパンチの効いたお願いがありました。

・「液晶テレビが欲しい」

受験生の時くらいは受験に関してお願いしよう?
それかお父さんかお母さんに頼もう?
ってかこれ書いたの職員だろ!?


・「(某予備校)と(某予備校)にテポドンが落ちますように」

腹がよじれるほど笑ったお願いです。
もういっそお前ら消えてなくなれや、と。
その潔さにとても心打たれましたが、別の方向に向かわないか心配です。


・「〇〇先生 (小さく似顔絵)」

最も意味がわからなく、もっとも笑った短冊。
短冊という趣旨を全くもって理解していないのか理解して書いたのか。
たぶん後者ですが、そっちの方がより悪質です。
その繊細なタッチで書かれた似顔絵。
教員紹介ページで確認したところ、似ているか似ていないか非常に微妙な代物でした。
写真を撮るべきだったと今更後悔しています。

今年も、きっと素敵な短冊がつりさがっていたんだろうなあ…。
…なんでうちの校舎はあんなに混沌としていたのだろうか。

ここまで書いて、「あれ?昔書いた?」とか思いましたが、キニシナイ!


今年の七夕は駅の笹にでも願いを託そうかなと思いつつ、
人目が気になって書けなかった変なところシャイなわたくし。
もちろん、人の願いだけはちゃんと見てきました!(キリッ

「〇〇が元気に育ちますように」
「△△が夏バテしませんように」
「おばあちゃんが元気になりますように」

これらの短冊には家族や他者への思いやりが詰まっていて、
危うく浄化され砂に還るところでした。


「コンクールで入賞したい!」
「はやおきができるようになりますように」

純粋すぎて目から血が吹き出た。


「(相合傘)」
「〇〇とずーっと一緒にいられますように!」

リア充爆発しろ。


「お金が早く貯まりますように
 単位が取得できますように
 (中略)
 あとリア充爆発しろ」

書きすぎィィィィィ!!!!
中略部分には、お願いじゃなくて周囲への本音がつらつらと。
書いたのは女の子のようですが、ストレスたまってんなー。
僕の胸に飛び込んでおいで?(良い声で)
最後のに超同意。


「会社都合で退職する!自己都合じゃぜってえしねえ!」

大人って超大変。


「(駅名)上等!」

願えよ。


「坂田と土方が早く結ばれますように とある腐女子より」

思わず駅で吹いた。
はーい、これ書いた人。
先生怒らないから出てきなさい。
方向性としては、間違っちゃいないのですが、
何かが根本的に間違っていると思ってしまいました。



――短冊には願いが込められている。
それは千差万別、その人を映す鏡のよう。

あなたは、何を願いましたか?

| comments(1) | trackbacks(0) | by 空ガ
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
スーパーで配給されてる水が4L50円になりますように……。
| 酸化鉄 | 2010/07/14 2:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://avalon.jugem.jp/trackback/289
トラックバック