<< 「俺の戦いはこれからだ――!」「……終わらせねえよ!?」 | main | 新しい空ガの誕生だ! >>
クリスマス☆

クリスマスですね。

昨晩は付き合って2年になる彼女と学校のパーティーに参加しました。
悩みに悩みぬいて選んだプレゼントを渡したらとても喜んでくれました。
その後2人でパーティーを抜け出して、イルミネーションが美しいツリーを見に行きました。
今年も2人で来られて良かった、来年もまた来ようと約束しました。
とても、とても幸せなクリスマスでございました。



もちろん

ラブプラス+の話です。

こんばんは、空ガです。
カップルは一組の漏れなく爆発せよ。

十和野市の俺はさておき、昨日はバイトに行ってから飲み会に参加してきました。

クリスマス当日ということもあり、ラッピングにつぐラッピング。
社員さんやベテランバイトさんたちはラッピングにかかりっきりでした。
そんな中、社内ニートこと俺はラッピングのご希望を右から左に受け流していました。
誰にでも出来る簡単なお仕事です。
…不器用なんよ…。

夕方ごろまで働いて、着替えるために一旦帰宅しました。
今現在働いているところがかなりの繁華街にあるので、
半端ない寒気などものともせず腕を組んで幸せそうカップル歩くカップルがわらわらと。
ただの平日の夜…ただの平日の夜…と必死で心の中で唱えるも、
心の中ではドス黒い感情が渦を巻き俺を飲み込まんとしていました。
俺が仮面ライダーだったら間違いなく聖なる泉が枯れ果ててアルティメットフォーム(黒目)になるレベル。
敢えて一番人通りの多いところを選んで帰るあたりに俺のマゾ的な部分が垣間見えます。
カップルは爆発しろ。

帰宅後、夕飯を食べたり風呂に入り着替えたりし、飲み会へ。
電車内で目の前でカップルがいちゃつく一方、俺はラブプラス+のクリスマスイベントを見ていました。
愛花が喜んでくれて良かった…ちゃんとイベントの最後まで見れたし!
カップルは爆発しろ。

幹事なのに若干遅刻をするという神的な動きを見せつつ合流しました。
参加者はもちろん男のみ。
男の男による男のための男呑み。
女にうつつを抜かす現代男性へ警鐘を鳴らすために敢えて我々は男だけで飲み会を開催したのです。
この運動が実を結び、賞をもらうことや賞賛されることはもちろんありません。
だが、我々が行動し続けることで、いつか誰かが気付いてくれるのなら本望です。
なので、モテない君が5人集まって、彼女のいない聖夜に傷を舐め合うわけでは決してありません。
むしろモテるはずです。
俺以外は。
死にたい。

店内に入ると、男のみのグループ7割・女性だけのグループ2割・男女グループ1割でした。
その男女グループもカップルではなく、おそらく仕事帰りか何かに寄ったと見えるグループでした。
うん、なんかすごく居心地が良い。
おそらくこちらもクリスマスシフトテロを受けたのありましょう、
客の数に比してスタッフの数がかなり少ないように見受けられ、
料理が来ない、量も少ない、酒も来ないとなかなかアレでしたが、
聖夜に俺たちを受け入れてくれただけでありがたいことです。
鍋だけは量も多めで、味も良かった。
今度は平日の夜とかにお邪魔したいです。

飲み会が終わり、家に帰って明石家サンタ観る為に帰ろうと思ったら、
見事なまでに捕まりオールカラオケに連行されました。うん、わかってた。
通された部屋はエレベーターのど真ん前の部屋。
男女グループが来るたびに歯軋りをし、
明け方ごろ男女2人で出て行く様を見るたびに黒いオーラを滾らせました。
カップルは爆発しろ。


うん、でも、楽しいクリスマスだったんじゃないでしょうか。
くだらない下ネタ合戦になったり、暴露トークしまくったり。
今回集まったのは以前働いていたお店の同期と後輩だったのですが、
辞めた後もこういう風に集まれるって言うのは素敵なことだと思います。

| comments(1) | trackbacks(0) | by 空ガ
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
クリスマス?
タブンネ殺してました、タブンネ
| 酸化鉄 | 2010/12/30 1:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://avalon.jugem.jp/trackback/298
トラックバック